<   2015年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

12月29日。


みなさんこんにちは!


さあ、今年も残りわずか、カウントダウンの声が聞こえてきそうです。

そして、第三の瑞光の里 「瑞光の里 緑ヶ丘」のオープンも

カウントダウンが迫ってきました。



オープンに先立ち、瑞光カメラ部としては最新の情報をお届けすべく、

勇み撮影に行ってきました。(興味本位で)


f0340811_16425437.jpg




なんということでしょう。

なんですかこのおしゃれな感じ!

スクエアな佇まいにビビットなカラーが効いてるではないですか。


f0340811_14545079.jpg




「瑞光の里 緑ヶ丘」 落成しました。

これから、多くの方々がこのエントランスを行き交うのですね。


f0340811_14551374.jpg




では、いざ施設のなかを見ていきましょう。


f0340811_14553115.jpg




ロビーですね。

きっとこの緑ヶ丘から、様々な物語が始まるに違いありません。


f0340811_14563695.jpg




1階の廊下です。 暖色系の配色が優しい印象を受けます。


f0340811_14564825.jpg




なかなか大胆な壁紙のチョイスですね(笑)

でも意外にしっくりきてる辺り、センスがあります。


f0340811_14571437.jpg




こちらは職員用の玄関。

いろんなところを見せちゃいますよー(笑)


f0340811_14580105.jpg




1階には、受付、事務所や相談室などの心臓部から、

職員更衣室、そして厨房や職員用の食堂、

会議室や地域交流スペースなどが用意されており、人の往来が活発な

フロアとなりそうです。



・・・新設された建物はほんとに素敵ですねー。 わくわくします(笑)

動線もよく考えられた設計になっているようで、感心しながら撮ってました。


すると、私は厨房に迷い込んだようです。

えへへ。 見てみましょう。


f0340811_14585572.jpg




おお~。 この真新しさがいいですね~


f0340811_14590970.jpg




厨房はとても広く感じました。 「食」に対する力の入れようの表れかも知れません。

ここから、入居者様が日々召し上がる料理が生まれます。

調理部スタッフの主戦場となる所ですね。 



・・・ふと、「第一瑞光の里」の調理部スタッフの方々に思いを馳せました。

丸一日調理場に立ち、がんばり続けている姿に敬意の念が湧きます。

いつも、ありがとうございます。


f0340811_14592933.jpg




やはり厨房設備はプロ御用達のホシザキ製。

「緑ヶ丘」 オリジナルメニューがたくさん生まれるに違いありません。


f0340811_14595453.jpg




そしてこちらは職員の食堂ですねー。

黄色の壁紙がポップです。


f0340811_15005315.jpg




おや・・・こちらは

職員の男性更衣室です。 女性は入室厳禁です!


f0340811_15030067.jpg




そして女性更衣室。

・・・こっちのほうが明るい感じがしますねー。

えへへ。


f0340811_15034815.jpg




こちらは会議室。 きっと各種研修なども、ここで行われるのでしょう。


f0340811_15041841.jpg




地域交流スペースへ続きます。 多目的に使用できるよう、

倉庫なども充実していました。


f0340811_15043600.jpg




すごい! ここで大きなイベントもたくさん催される予定ですね!


f0340811_15050111.jpg




うーむ1階だけで感動しきりでした。 

では、いよいよユニットフロアへ行ってみましょう。

エレベーターも大きくて、車椅子でもまったく余裕です。


f0340811_15051806.jpg




2階、3階はオールユニットフロアになっています。

各階にそれぞれ6ユニット、計12ユニットとなっています。


1階の賑やかになるであろう雰囲気とは違い、ゆったりとした時間が流れるでしょうね。


f0340811_15055511.jpg




f0340811_15061254.jpg




そして各ユニットには、植物の名前が冠されています。


f0340811_15064538.jpg




こちらは「ナズナ」ユニット。

ユニークですね~


f0340811_15065949.jpg




入居者様の居室の扉にも、ちゃんとアイコンが。


f0340811_15073688.jpg




ユニットフロアです。

やはり完成したばかりなので新築の匂いがします。

配色もホッとするような色合いでいい感じ。


f0340811_15080086.jpg




と思ったら、トイレはけっこうビビットなカラーで攻めてきましたね(笑)

もちろん広さは十分に確保されています。


f0340811_15082455.jpg




そういえば、今回の記事、人が誰も写ってないですね(笑)

それどころかベッド等、物品もまだ何も搬入されていませんから。


・・なんかさみしくなってきました(笑)


f0340811_15085723.jpg




入居者様の居室を見てみましょう。

うーむ可愛らしい感じですねー。

洗面も、もちろん車椅子のままで手が洗えます。

壁のコーナーにも、車椅子の当たりに備えて巾木が設けられています。


f0340811_15093001.jpg




備え付けの収納スペースですね。

あるときっと便利ですし、上部の空間も上手く利用しています。


f0340811_15095308.jpg




2つのユニットをつなぐように設計された寮母室です。


f0340811_15101381.jpg




こちらのユニットも、いい雰囲気にできていますねー


f0340811_15103012.jpg




このカウンターの向こうから、きっとスタッフがジュースやコーヒーを淹れてくれるんですな。


f0340811_15104666.jpg




ユニット各所にある倉庫もこんな風になっています。

ポップな仕様となっております(笑)


f0340811_15110314.jpg




各ユニットフロアから直通できる入浴場です。

赤外線パネルヒーター完備で真冬も暖かいですね。


f0340811_15125614.jpg




浴場もゆったりとした広さがあります。


f0340811_15131416.jpg




チルト式座浴の最新の入浴設備ですね。 

お年寄りも負担なく入浴できます。


f0340811_16514970.jpg




入居者様の居室からは、外はどんな景色が見られるのだろうと、ふと気になりました。

撮影した日が快晴ではなかったので、あまりパッとしませんが、

周りはのどかな景色で、見晴らしは良さそうでした。


f0340811_15142519.jpg




廊下から中庭を見下ろしてみました。

なにか可愛い花をたくさん植えていきたいですね!


f0340811_15145788.jpg




f0340811_15151114.jpg




ランドリーなど、スタッフの裏方仕事にも目を向けてみましょう。


新たな施設の立ち上げというのは、想像以上に大変な事だと思います。

緑ヶ丘に移り、立ち上げを担うスタッフも、第一瑞光に残って見送るスタッフも、

新たにがんばらなくてはなりません。


f0340811_15153743.jpg




さて、もう少し施設の外観を撮影しておきたくなりました。

緑ヶ丘コレクション ということで(笑)


f0340811_15155508.jpg




施設の裏側に回ってみました。

ここにも植栽エリアがありますねー。

やっぱり施設の周りはのどかです。


f0340811_15161641.jpg




中庭をぐるっと散歩ができそうですね!


f0340811_15163101.jpg




気がついたら、今回の記事はすごい写真掲載数になってました。

次は「瑞光の里 緑ヶ丘」 がスタートした後の快晴の日に来たいと思います(笑)



そして、「瑞光の里 緑ヶ丘 2016年2月オープン」 に先立って、

内覧会があるとの情報を、極秘裏に入手しました☆


一般向け内覧会は、来年1月24日(日)を予定しているとの事です。

詳しくは「社会福祉法人 椎の木福祉会ホームページ」に掲載されるかと思います。

ぜひ、興味のある方はご覧下さい。



さて、来年は2016年。

また新年早々、カメラ部はスタートを切りたいと思っていますので、よろしくお願いします☆


では、みなさん良いお年を!

風邪を引かれませんように。


以上、やまもでしたー☆






[PR]
by zuiko-camera | 2015-12-30 15:31 | カメラ部日誌

12月2日。


みなさんこんにちはー。


師走ですね。

瑞光の里も、新たに開設される 「瑞光の里 緑ヶ丘」のオープンに向けて、

忙しく準備が進められています。


しかし。

入居者様には、穏やかに楽しく過ごしていただかねばー意味がありません。



入居者様の日々も、思い出も、この施設の歴史も、職員のがんばる姿も、

撮り続けていきましょう。 カメラ部ですから。



さて・・・前回の記事から、かなり間が開いてしまいましたが、

こっそり更新しておきましょう(笑)


f0340811_08032909.jpg




先日、あるフロアに「屋台のらーめん屋」がやって来ましたので、

まずはそのお話を。


f0340811_08015874.jpg




このおやっさん、らーめん屋の店主です。

アルバイトのおっさんに見えますが・・・大丈夫なんでしょうか(笑)


いや、食べてみなくては分かりません。

さっそく1杯作ってもらいましょうー。


f0340811_08040088.jpg





Mさん、お味を聞かせて下さい。


f0340811_08041478.jpg




ずはっ ずずーっ


Mさん無言で食べておられました(笑) 

美味いんですねーよかった!


f0340811_08043525.jpg




f0340811_08045077.jpg





f0340811_08052803.jpg




予想以上にらーめんは好評に。


f0340811_08055061.jpg




そして、おやっさん忙しくなってきました。


f0340811_08060823.jpg




しかしこの黒マジックで手書きの「らーめん」は・・

おやっさん、もっと商売気を出したほうがいいんじゃないでしょうか(笑)


それでも、おやっさんのらーめんは人気がありました。


f0340811_08065415.jpg




そして私もいただきました。

いや、ほんとうに美味かった(笑)


f0340811_08071258.jpg




そしてスープが無くなり次第終了。

また来てよ。 おやっさん。




らーめんといえば、「第2瑞光の里」で不定期に開店している

「麺屋瑞光」が好評を博しているようです。


なんでも、スープは鳥ガラと野菜を約5時間煮込み、醤油ベースには武豊産のたまり醤油を使用するなど

気合の入れようが違う本格派だとか(笑)


「おいしさ」を追求する心意気がすごいですね。

機会があれば、入居者様をお連れして食べに行きたいものです。



さて、少し前の事になってしまいましたが、敬老会記念写真のカメラ部メモリーを

作ってみました。


f0340811_08085613.jpg




普段はなかなか、お化粧をさせていただく機会はありませんから、

撮るとなれば思い切り晴れやかに!


f0340811_08091614.jpg




こんな感じで記念写真の準備をして


f0340811_08093057.jpg




Hさん! じゃあ撮りますよ~


f0340811_08094970.jpg




ちゃんとプロのカメラマンが撮影してくれましたので、私のカメラ目線にはなってもらえないところが

ちょっと悲しいですがー(笑)


f0340811_08100453.jpg




「撮影現場を取材」 という感じで脇に控えていながら・・


f0340811_08102163.jpg




Iさんばっちりです☆ カメラ目線も負けずにいただきます(笑)


f0340811_08105815.jpg




「Kさーん。 記念写真撮りますよー!」


f0340811_08112222.jpg





Kさん 「あー写真撮ってくれるのかー(笑)」

いい笑顔がいただけました。





f0340811_08141198.jpg



f0340811_07143292.jpg




f0340811_08135190.jpg




もう、プロのカメラマンだけに任せてはおけません (アマチュアのくせに)


f0340811_08200175.jpg





順番を待ってるうちに、なかには眠くなってしまう入居者様もみえました。

「Sさーん! おーいSさーん」

Sさんはもう夢のなかですね(笑)


f0340811_08202326.jpg




パシャリ。 写真を撮ったら、横になりましょう。 Sさん。


f0340811_08204994.jpg




Sさん 「んっ?!」


f0340811_08213146.jpg




こうしてみなさんの記念撮影が終わった後、

高島屋の和菓子をお出ししてお祝いをさせていただきました。


高島屋は老舗百貨店なので、やはり入居者様はみなさん知っておられました。


f0340811_08223077.jpg




みなさん、来年も晴れやかに敬老会の日を迎えましょう!

私がまた、高島屋に走っておいしそうな和菓子を買ってきますから!





以上、やまもでした☆



[PR]
by zuiko-camera | 2015-12-02 08:22 | カメラ部日誌